投稿者「iio」のアーカイブ

1月18日(土) 元住吉道場

こんばんは

大人の部の稽古です。

基本稽古

その後、2つに分かれて稽古しました。

伊藤先生の方は型の順番に囚われることなく、自分で技の意味を考えるという稽古をしました。大極初段から平安二段まで技を受けてからの攻撃を意識しながら身体を動かしました。

大吾指導員のほうは、ハンドミットを使った蹴りや型を行っていました。

ちょうど良いところで私はタイムアップとなってしまい退散しました。残念。。。寒い日でしたが稽古に来たときは寒かったですが帰りは汗だくでした。外に出た途端、汗は引きましたが、、、、

iio

 

 

1月18日(土) 元住吉道場 子供の部

おはようございます。

元住吉道場 子供の部は、技の理合について伊藤先生が組手をやりながら教えていました。

※ちなみに子供たちと組手をしているのが伊藤先生、そして立ってみているのが大吾指導員です。見分けがつきづらいですよね。

「受けた後にすぐに攻撃ができないと相手にやられてしまうでしょ」という説明を実演を交えながら説明しています。

型を順番通りやっても意味がない。型はあくまでも実戦を想定しながら動いていく必要がある。

型は、お金だと例えるならば、型だけ覚えてもお金を持っているだけで使い方がわからない状態。それはお金の価値を理解していないから。組手はお金の使い方のようなもの。お金とお金の使い方を知って初めてそのお金が活かされてくる。型も同じ。だから型の順番を覚えてそのままやるだけでは意味がない。型の技を考えて動くことが大事ということをお話しされていました。

説明のあと、平安二段

子供たちは、真剣に先生たちのお話を聞きながら、自分なりに受けや突きなどどうやるべきか考えて傍で動いていたのを印象的でした。まるで大人の稽古のようでした。

iio

 

 

1月18日(土)元住吉道場ファミリークラス

こんにちは、iioです。

道場ブログを書く際に、私の日付や曜日感覚がなくなってしまい、よく間違えてしまう今日この頃。。すみませんm(_ _)m

土曜日の午前中はファミリークラス(^。^)

ハンドミットをする際に足を振り上げや蹴りのときに、意識してもらいたいポイントがあります。

まず、軸足のかかとを上げない。(かかとを上げるとバランスを崩して後方に転んで頭を打つ可能性があります)

そして下記の写真のように軸脚のかかとの位置を気にしてみて下さい。

やってみると意外と難しいのです。すぐには出来なくても意識することが大事です。

親子でハンドミットしている様子

最後に空手の基本をみんなでやりました。

道場生に基本の技の受け方のお手本をしてもらいました。

元住吉道場のファミリークラスでは、走ったり、ボール投げしたり、ハンドミットで蹴りをしたり、本日のような寒くてみぞれ混じりの天気の時には家の中では子供の元気が有り余っているかと思いますのでファミリークラスで発散させにお越し下さい。

お待ちしています

iio

 

1月16日(木)元住吉道場 子供の部

こんばんは

本日は、1月16日ヒーローの日だそうです。ひ(1)い(1)ろー(6)だから??でしょうか。

その話はさておき、子供の稽古の様子です。

始めに撮影した写真

「腰高いぞ!」ということで写真を見せたところこのように変わりました。

まさに「百聞は一見にしかず」普段から口をすっぱく言うよりも見せた方が早いです。子供は自分が気付けば身体を動かせるのも羨ましい限りです。歳とると身体がいうことを聞かない。。。(気持ちは若いんですけどね)

あと平安二段

写真見る前が上、下は見せた後。意識するだけで変化します。

伊藤先生が技の意味を教えてます。

単に身体を動かすのではなく、技の意味を考えて行うことで型が光ります。

下段払いの技の意味

最後の手刀の技は受けるのではなく撃ち込む

技が光ります。

みんな頑張ってました!

iio

1月11日(土) 元住吉道場 子供の部

こんにちは

元住吉道場の子供の部です。

3連休の初日のためお休みの子が多かったようです。

一通り型を行った後、1人ずつ演武しました。

型の技の精度を上げるため、ミットを使って突きをやりました。

受けもただ受けるのではなく、攻撃するイメージ(相手に撃ち込む)をミットで外受けなどやりました。

何となく型をやるのではなく、技の意味を体現することを学んでいきました。

iio

1月11日(土)元住吉道場ファミリークラス

こんにちは!

元住吉道場のファミリークラスです。親子で楽しみながら身体を動かします。

人数が多かったので半分ずつボール投げとハンドミットに分かれて行いました。

ミットでコンビネーションをやる際に普段は回し蹴りからの後ろ回し蹴りをやっていましたが、後ろ回し蹴りからの回し蹴りでやってみたところ、普段と逆にするだけでバランス取るのが難しかったです。

みんなで空手の基本稽古

親子で突きと受けの練習をします。

ファミリークラスは、1時間なので飽きっぽいお子様も親子で楽しみながら稽古してます。回数を重ねる毎に親子で上達しています。

どうぞお気軽にお越し下さい。

iio

1月9日(木)元住吉道場 子供の部

こんにちは!

元住吉道場の子供の部を覗いてみました。

子供たちは真剣そのもの

新人くんは大吾指導員のマンツーマン

追突きの高さについて教えて貰っています。

型の稽古の途中で組み手をやりました。

伊藤先生は、帯の色によって出来ることが違い、小学校1年生で2✖️2の答えは言えなくても当然だが、小学校6年生で言えなかったらおかしいことと同じように白帯と各色の帯では求める技の精度が違ってくるというお話をされていました。

喩えが分かりやすいなぁと実感した次第です。

極力子供の稽古にもお邪魔させていただき勉強したいと思います。

iio

 

1月7日(火)元住吉道場 子供の部

こんばんは

元住吉道場の稽古始めです!

伊藤先生のチームは型の稽古中

新人チームは大吾指導員担当

上級者の道場生が型を教えています。教える事が1番の稽古なので級が上がったら後輩の指導もします。子供目線の説明が教えてもらうことが理解を深めます。

全体の写真を撮るとこのような感じ

外は寒いですが、みんな元気に頑張りました!

iio

令和元年越年稽古

あけましておめでとうございます。

令和元年の越年稽古をいたしました。

23時30分からスタートなので眠い目を擦りながらも稽古頑張りました‼️道場に入ったらすでにお二人がスタンバイ中(さすがです)

道場が冷暖房完備になったとはいうものの冷えてます。

基本稽古で年越しし、基本稽古で始まりました。

伊藤先生から「基本は奥義」基本に始まり基本に終わる。

そしていつになっても「初心忘れべからず」

他にも沢山ためになるお話をいただきました。最後に1人ずつ演武をして終了しました。

令和最初の越年稽古は、伊藤先生のお話に終わり、伊藤先生のお話に始まりました。有り難い限りです。

稽古に参加された皆様、ならびに付き添いにお越しいただきました保護者の方々、寒い中ありがとうございました。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

iio

12月21日(土)元住吉道場

おはようございます、iioです。

今回は伊藤先生から下記のようなお話をしていただきました。

闇雲にやるのではなく、自分自身の身体の動きを検証しながら練習していく方法もある。

心がけが違えば技が違ってくる

ただ単に身体を動かすことになってしまう

号令が相手の攻撃だと思って動く

常に相手がいることをイメージする

技を磨く事によって術から道へ変わってくる

道を極める

下段払い逆突きを前後にさらに前に後ろに素早く動かすことをしました。

あくまでも私の解釈です。違っていたらすみません。

私は時間となりましたのでここで退散させていただきました。お話しされたことを忘れないように必死にスマホのメモで残しておりましたが、話を聞いていない人に見えたかもしれません(^_^;)

iio