元住吉道場」カテゴリーアーカイブ

6月13日(土)元住吉道場

おはようございます。

元住吉道場の稽古もぼちぼち日常を取り戻しつつあります。

しかし、油断は禁物ということで、相手との距離など密を避けてソーシャルディスタンスを意識して稽古を行なっております。

稽古の後半は、自分の型を1人ずつ演武し、予行練習ということで山城兄ちゃんのご厚意により動画撮影しました。

申し訳ないことに山城兄ちゃんの写真は動画撮影をしていたので撮れておりません。。型と山城兄ちゃんのスタイルがマッチしていて演武がとても良かったので撮れず残念。

私の演武(観空)を撮影した動画を見ましたが、最後の2段蹴りが跳べていないのに驚き、後屈が高いのと逆突きが甘く、その他にもたくさんツッコミどころ満載でした。

愕然としましたが、おばさんだから仕方ないと諦めるか、それとも私にはまだまだ伸びしろがある!と自分の可能性に期待して稽古するかは自分次第。。。。

こうした気づきがありますので伊藤先生は自分の型をスマホなどで撮影したものを見ておく事をオススメしております。

来週のこの時間は、撮影会を行う予定です。自分の型を撮影してもらいたいと思う道場生の方はぜひお越しください。

iio

4月25日(土)元住吉道場

おはようございます、iioです。

コロナの影響で稽古をしたくてウズウズしているけど、道場に来られない方も多くいらっしゃるかと思います。元住吉道場は、普段通り行っておりますが、ほぼ伊藤家(家族内)で稽古している状態となっております。ソーシャルディスタンスを保ち、道場内の換気や感染予防に気をつけつつ、粛粛と稽古をしております。早くコロナが終息することを切に願うばかりです。

昨日の稽古では、伊藤先生の話の中で「花伝書 世阿弥著」がありました。私の中で世阿弥の花伝書というのは、自分の受験のときに文学史で覚えている程度でしたので能についてのことが書かれているので空手の稽古の話題に出てくるとは驚きでした。

話題に出た本は「武道伝書を讀む」についてですが、剣術、柔術、槍術など武道について各章に書かれております。花伝書はその本の中に触れられていてとてもわかりやすいとのこと。(私はまだ読んでいません)そして花伝書を読んだら習うということは何かということが書かれていて奥が深いとのことでした。(伊藤先生は書道もされているので「道」に通じる何かを感じるのかもしれません)

大吾指導員も読んだということで自宅に本がありましたので読んでみようかと思います。大吾指導員曰く、「面白いよ(興味深い)」とのこと。読書が苦手な人の評価が高いのはかなり期待大です。自宅にいる時間も長くなっているのでご興味のある方は是非読んでみてください。

くれぐれもお身体に気をつけて日々お過ごし下さい。皆様の元気な姿にお会いして、早く皆さまと一緒に稽古できる日を心待ちにしております。

iio

2月22日(土) 元住吉道場

こんにちは、iioです。

元住吉道場の大人の部の稽古です。

「守 破 離(しゅ は り)」という言葉が伊藤先生のお話にありました。初めて聞く言葉で伊藤先生のお話が何となく理解できたようなできないような曖昧な状態のまま道場を途中で退出したためGoogle先生で調べてみました。

『守破離』

(SHUWAサイトよりGoogle検索結果から引用)

この基本姿勢『守破離』。物事を学ぶ時の姿勢として昔から受け継がれている言葉です。この姿勢は仕事で物事を実行するために最も大切な基本姿勢であるとの事。修行を積む過程での順序を表す言葉で、独自の境地を拓く道筋として師の流儀を習い学ぶ事の教えだそうです。

師匠に言われたこと、師の流儀・型を習い『守る』こと。
師の流儀を極めた後に、他流も研究すること。その型を自分と照らし合わせ、自分に合ったより良いと思われる型をつくることにより、既存の型を『破る』こと。
自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこと。師匠の型、そして自分自身が造り出した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から『離れる』こと。

なるほど。奥が深いです。

注  あくまで私個人のの解釈であり、伊藤先生のお言葉全てを意味することではありません。

↓Google先生では、さらにごもっとで耳の痛いお言葉が続きます。

上達への近道は「守破離」の「守:素直な心で師の教えを忠実に守ること」でした。貴方の尊敬する人(人生の師、仕事上の師)は誰ですか?
「素直な心」とは、自分自身いたならさを認め、そこから努力するという謙虚な姿勢のことです。(中略)
本当に伸びる人は、「素直な心」をもって人の意見をよく聞き、常に反省し自分自身を見つめることの出来る人です。そうした「素直な心」でいると、その人の周辺にはやなり同じような心根をもった人が集まってきて、物事がうまく運んでいくものです。自分にとって耳の痛い言葉こそ、本当は自分を伸ばしてくれるものであると受け止める謙虚な姿勢が必要です。

↑申し訳ございませんでした!!!今後は真摯に稽古に打ち込みますm(_ _)m

道場の様子

スタートはなごやかムード

その後は2つに分かれて有段者は組手をして型を行いました。

組手が効いて汗だくになりました。

稽古は奥が深いです。、

iio

 

2月22日(土) 元住吉道場 体幹トレーニング

おはようございます。

体幹トレーニングの報告です。トレーニング後の爽快感がたまらないと思います。

身体にエンジンをかける為に道場内を5分間ランニングした後に準備体操。簡単な体幹トレーニングをし、汗がどっと出てきたところでボクササイズ

(写真は参加されたご家族の方に撮影していただきました!ありがとうございます)

高いところをミットで打つのはやる方もミットを持つ方も最後の10秒がキツイ

ミドル打ちandキック キツくなってからの足上げるのが効果的!

ミットで打ってから道場の壁をタッチして戻ります。ミットを持っている人は相手が走っている間はスクワット

最後に整理体操

ご家族の皆様、応援ありがとうございました!

体幹トレーニングは、飲み物とタオルは必須です。

終わった後は汗だくなのでお帰りは風邪を引かないようにお気をつけください。

iio

2月22日(土) 元住吉道場ファミリークラス

こんにちは、iioです。

最近ファミリークラス大盛況です。家族で楽しめるのが良いのかもしれません(^^)お子さんと一緒に遊べる時間というのは、限られていますので貴重です。

まず道場内ジョギング

ボール投げとハンドミットの蹴りの練習を親子でやりました。

肩の柔軟性がイマイチだったのですが思い返すと最近ボール投げをやっていなかったからかもしれません。なので親子3人で参加している方の1人のお子様と一緒にボール投げしました。(ありがとうございました)ファミリークラス侮れません!子供と遊んであげていると思いきや自分の健康をキープしていることにつながっていたりしたのです。

最後に空手の基本的な動きをみんなでやります

皆さま、お疲れ様でしたー!m(_ _)m

iio

2月18日(火)元住吉道場 子供の部

こんばんは、iioです。

元住吉道場の子供の部に少しだけお邪魔しました。

伊藤先生が「突き」について子供たちに説明されてます。

大吾指導員は、「受け」の時に体の正面を向くことを伝えています。

とにかくみんな頑張っていてカワイイの一言に尽きます。

最近は私もしょっちゅう写真を撮りに来るので子供たちに怪しまれなくなりました。

iio

2月15日(土) 元住吉道場

おはようございます。

元住吉道場の大人の稽古です。

伊藤先生親子が道場生に絡んでいるわけではありません。(笑)このようにどこかで絡まれて壁際に追い込まれたらどのような動きをしたらよいかということを教えていただきました。

基本稽古の時に受け方について伊藤先生からお話しいただきました。

形通りに上段受けをして逆突きをしても相手に読まれてしまう。受けたらすぐ突く

こういう時、身長の高い山城お兄様が伊藤先生のお手本の格好なお相手となります。

もう一つのパターン 伊藤先生の組手の間合いやタイミングは絶妙で年齢を感じさせない俊敏な動きです。

さらに体の大きい人に対する受け方の色んなパターンを見せていただきました。

山城お兄様、お疲れ様でした。伊藤先生の身のこなしに感嘆いたしました。私はまだまだ修行が足りません。

iio

2月15日(土) 元住吉道場 体幹トレーニング

こんにちは、iioです。

体幹トレーニングが気になっている方もいらっしゃるかと思います。

みんなで同じメニューで行いますが、時間で区切っているので負荷をかけたい方は決められた時間の中で早く行うとか、力を入れてやってみるとかきつくすることが可能ですし、ちょっと体力に自信がない(この後、掃除しなくてはいけないとか家事もこなさないといけませんので余力を残しておくことが必要な方も多数いらっしゃるかと思います)方は、回数を減らして負荷をかけないようにするとか工夫ができます。

一連に流れでは、道場内のランニング、身体が温まったところで体操、筋トレ、ボクササイズ、柔軟体操で終了になります。

ボクササイズの様子です(参加していただきましたKさんに撮影していただきました。私の髪の毛がボサボサなのはお許しください)

ミット打ちしてから走るいうものも行いました。トレーニングの終わりの方でやりますので汗がものすごく出ます。

汗をたくさんかくということも体幹トレーニングの目的の1つです。週に1回でも汗をたくさんかく習慣ができるとお肌にも健康にも良いですよ。是非、お越しください。

ご参加された皆様、お疲れ様でした(⌒▽⌒)

iio

2月8日(土) 元住吉道場

おはようございます。

元住吉道場の大人の部です。

いつも土曜日はゆるやかな談笑から始まり徐々に稽古がヒートアップします。

準備体操の際に柔軟をし、自分の身体がかなり硬くなっていることに驚愕( ̄▽ ̄;)

気がついた時には風呂上りなど意識して柔軟はしているんだけどなーと思いつつ、全く良くならない!「これは寒くて身体が硬くなっている」に違いないと自分に言い聞かせるのでした。

基本稽古のあと2つのチームに分かれて行いました。

私は伊藤先生のほうにおりましたが、後屈手刀受けを重点的に行いました。型をやっていてもこの攻撃はどのような時に、この受けは?と考えながらやることが大事。受け1つとっても色んな意味があり、腰を落としすぎると次の攻撃に移りづらい、色んな事を実際にどうするかを瞬時に考えて型に活かしていく。ただ順番にやっているだけでは、ダンスと変わらないというお話しをいただきました。(伊藤先生のお話を自分なりに解釈したものであり、ほんの一部です。その場にいる方はもっと奥のものを捉えていると思います)

基本1つでも掘り下げて考えていくことも大事だなと実感した次第です(特に私は動けば良いという短絡的な発想であるため修行が必要なのです)

まさに大人の稽古です。

大吾指導員のチームは平安二段を重点的に行ってました。

いつも「さぁ、今から」という感じで私の稽古時間は終わってしまうので皆さまが稽古を続けている最中に退散することとなり残念です(◞‸◟)

でも少しでも稽古の雰囲気に触れることで学べることもたくさんあります。少しずつ前に進みたいと思います。

iio

 

 

2月8日(土)元住吉道場 体幹トレーニング

こんにちは、iioです。

最近、昨日までできたことが突然できなくなってしまうという事態を実感しています。例えば、逆上がりとか、ウンテイとか、、、、歳を重ねていくと日々の体力を維持していくことの難しさを感じてこのトレーニングを開始しました。楽しみながら鍛えられたらサイコーですよね。

体幹トレーニングは、まず身体を温めるため道場内ランニング

そして前回と同じメニューであるレンジ、バービー、バッククロスクランチを30秒間を3セット

汗も出てきたところでボクササイズの練習に入ります。

前回は、high,middle,lowを30秒ずつ打ち込んだのを倍の時間の1分間に変更

パンチだけのコンビネーションやひざ蹴りも取り入れたコンビネーションを1分間

いい感じで汗も噴き出してきてから、2の倍数の回数をミットで打ち込んで道場の壁をタッチして戻ってミットで打ってまた走ってを繰り返し行いました。

腕も足もヘロヘロになりかけそうな時に体操して終了。

皆様、筋肉痛は大丈夫でしょうか?

お疲れ様でした(⌒▽⌒)

iio